読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜が大手大学職員に転職したブログ

若干社畜系のメーカーから大学職員に転職した中の人が自分語りでもします。

大学職員は暇なのか

大学職員は暇そうなイメージがあると思います。

それは、半分正解・半分不正解。

 

部署によってかなり異なる、というのが本学での正確な解答です。

 

大学は、暇な部署と忙しい部署がハッキリ分かれます。

また比較的暇な部門であったとしても、少人数の部課であれば忙しかったり・・・

その辺は配属先によって悲喜交々と言った感じでしょうか。

 

その、「暇・忙しい」を大まかに分類すると、

 

暇な部署

  • 教務系の部署

(一応重要視しているので、よく言えば重点的に人員を配分している。

悪く言えば、ムダに人が多い。忙しい時期ももちろんあるが、暇な時期は暇。)

  • 図書館

(本学ではメンタルの人が多い。なぜ。)

 

忙しい部署

  • 法人系全般

 (大学の主幹は”教育”!となりがちで、もちろんそうなのですが、法人部門は軽視されがちです。

 また、基本的に理事会のやり方に反発するのが大学の教職員組織なので、冷遇されがち。)

  • 入試広報系部署

 (ここが暇だったら、むしろ困ります。)

 

で、私はと言いますと、教務系部門に所属しています。

入職してからずっと教務系です。

人数の多い教務部門だったので、基本的に暇でした。

(現在は異動し、少し忙しめの教務系部門に属しています。)

そして、その暇度合いは、残業代に反映されます。

 

では、今回は最も暇だった一年の残業時間を公開したいと思います。

なお、こんな暇じゃねーよ。とのご指摘があるのもごもっともです。

ただ単に本学ではこんな現状なのですという程度のものです。

 

 

---------------------

 

1月  3.5h

2月  5.5h

3月  5.0h

4月  8.0h

5月  1.5h

6月  4.5h

7月  4.0h

8月  0.0h

9月  5.5h

10月  2.0h

11月  5.0h

12月  4.5h


---------------------

計  49時間/年

残業代

49時間×¥2,800=¥137,200/年

 

なお、担当していた仕事は

 

・資格課程の運営、申請など全般

・カリキュラム関係

・小集団、リメディアル教育関係

・WEB広報

 

といったものでした。

 

また、他大学勤務の友人や研修会・出張等でお会いする大学職員の方をお話した感じ、

大規模大学はおおよそ36協定内で収まっている。小規模大学の方は非常に残業が多い。

との印象も受けました。

このあたりは、専任職員の数や契約職員・嘱託職員の数が関係していると推測されます。

 

本日はこの辺りで失礼します。