社畜が大手大学職員に転職したブログ

若干社畜系のメーカーから大学職員に転職した中の人が自分語りでもします。

大学職員のゴールデンウィークの過ごし方

大学職員のゴールデンウィークって?

 

もうすぐGWですね。

メーカー勤務の友人は明日29日~9連休という方が多く、外資系勤務の友人なんかは今週の真ん中より休んでおり、メキシコのリゾートに旅立っていたりします。

 

一般的に、大学職員は、

 

・給与が良くて

・休みが多い

 

という印象を持たれることが多いですし、AERAなんかにもその様に書かれていたりします。もちろん、自分のところはそんなことないよという大学関係者の方も多いかと思いますが、そのあたりは規模に因ったり大学に因ったりしますので、大学職員への転職を希望される方は、自分の志望大学がどのような待遇なのか調べることをオススメします。

 

私の勤務先は、

 

●30歳大学職員の月給は約38万円

www.daigaku-syokuin.com

 

●2016年度の年間休日は170日でした

www.daigaku-syokuin.com

 

 

となっています。

「そんな大学一部でしょ」みたいに思う方いらっしゃるかもしれませんが、当然、そのとおりです。

 

日本には

 

 国立大学:86校

公立大学:89校

私立大学604校

合計:779校

 ※2015年データ

 

の大学があります。

 

商社・メーカー・運輸・製薬、、、という企業カテゴリがあるように、大学もそんな企業カテゴリの1つでしかありません。

 

「商社」というひとくくりのカテゴリ内には、伊藤忠商事や三菱商事といった大手商社が存在しながら、売り上げでは零細企業に分類される企業も存在しています。

 

なので、大学も同じようなものだと思って頂ければ幸いです。

「大学」というひとくくりのカテゴリの中に、東京大学や京都大学~聞いたこともないような地方の大学まで存在してるのです。

 

ただ、私は、目の前に迫った某国への海外勤務などをするつもりが無かったので、その当時の待遇を捨てたとしても、

 

・年功序列の給与

・労働時間の少なさ

・出世競争が皆無

・休みが多い&長い

・転勤が無い

 

 

www.daigaku-syokuin.com

 

という点に魅力を感じ、あくまでもただの転職先の一つとして「大学」というものを選択しました。まあ、これはたぶん、ドライなほうです。同期や先輩後輩には「想い」を持った方が多いので。

 

さて、大学職員のゴールデンウィークはいかがでしょうか?

 

今年度の大学志願者数ランキングを参考に、各大学の学年暦を調べてみました。ただ、キャンパス毎に学年暦が異なっていたり、学部が全国に散らばっている大学もありますので、あくまでもGoogle検索上位の学年暦しかみていません。まあ、たぶん間違ってますので、そのおつもりで・・・すいませんです。

 

f:id:klmdyaw:20170428171355p:plain

 

こう見ると、GW全部休みの大学は、

 

早稲田大学

明治大学

日本大学

 

だけとなっておりました。

転職先として、大学職員を考えられる場合、文部科学省の要求する15回授業を厳格に守ろうとしましたら、

 

GWは無い大学が多い

 

という点を覚えておいて頂いたほうが良いかもしれません。

もちろん、中日の5/1・2に有給を取ることも可能ですし、シフト勤務となっている大学もありますが、勤務暦上は出勤大学も多いのではないでしょうか。

 

ただ、大学職員のメリットである「・休みが多い」という点から考えると、なにもわざわざ高いGWに行かなくてもという思考になってくるのも事実です。

 

前職の時はこのGWこそ同期で集まってハワイに行ったり、スペインのリゾートへ行ったりしておりましたが、それはGWまで真剣に遅くまでガッツリ働き、休むときは休むというメリハリ生活の結果だと思いました。

 

今は、その対極にある生活をしているので、夏のお盆休みに前職同期と出かける際には、有給を取得して安い時期に出発し、現地集合など、大学職員のメリットを活かした生活サイクルを送っております。

 

夏休みはとても長いので、いずれはその話でも。

 

 

今日はここまで。

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス・A8.net・Amazonアソシエイト)を利用しています。


このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。


この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。


この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

 

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。


これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人である"転職組大学職員"が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

初出掲載:2017年4月26日

大学職員のガチな年間休日をうpする

大学職員に転職する理由

大学職員に転職しようとした時に気になるのは、ゲスで露骨な言い方をすると

  1. 給料
  2. 休み/福利厚生
  3. やりがい(?)

あたりというのが実態ではないでしょうか。

 

私の同期や前後の先輩後輩を見ても、日本を代表する規模・知名度の企業からの転職組ばかりですが、みんな共通して言うのは、「大学職員って楽で給料いいと思ってる(た)」でした。どの同期も業務遂行力や語学運用能力、高い人間力を兼ね備えており、わざわざ有名企業から転職してこなくても良いのではないかと思いましたが、前回の記事で書いたように、

 

・年功序列の給与

・労働時間の少なさ

・出世競争が皆無

・休みが多い&長い

・転勤が無い

 

daigaku-syokuin.hateblo.jp

 

といった点に魅力を感じて転職してきています。

 

大学職員ってどうせルーティンワークでしょ?とか、クリエイティブな仕事をガンガン俺はやっていきたいぜ!とか、教員に決定権がある組織で、小間使いみたいな仕事って面白いの?とか、前職の同期や友人に大学へ転職する事にしたというと前述のような反応を頂くことも多々ありました。

 

ただ、

 

基本定時で帰って、有給使って、子供と戯れて、40歳で年収800万あれば十分ですよ、私は。海外駐在も別にしたく無いし。

 

という人には向いている職場なのだと感じています。

もちろん、大学の規模によっては給与は前職以下、忙しさ前職以上なんてところもあるので、その辺りのリサーチは必須ですが・・・。

 

では、本題。

 

Q:大学職員のガチな年間休日は?

 

早速結論

 

A:170日

 

ーーーーーーー終了ーーーーーーー

 

となっては見ている方になんのメリットもないので、続けてみますが、2016年度実績ではこのような感じでした。

内訳を見てみると、

 

所定年間休日:140日

有給取得日数:25日

その他休日:5日(介護休暇等)

 

となりました。

比較的、所定年間休日は大学間に差があるようで、たまたま手元にある資料から目についた大学の採用サイトを拝見すると

 

関西外国語大学:107日

神田外語大学:131日

 

とかなりの差があるように見受けられます。

隔週の土曜日出勤の大学もあり、所定労働時間で比較しないと意味がないとの指摘があるかもしれませんが、単純に休みを比較するとこのような形でした。

 

toyokeizai.net

 

東洋経済社の記事によると、

 

日本人の有給休暇の取得率が低いということはかなり以前から言われてきた。毎年の数字が比較できる厚生労働省の「就労条件総合調査」のデータで確認してみると、2001年調査(データは2000年)に49.5%だった取得率は、その後、1度も50%を上回ることなく46~48%の間で推移してきた。最も新しい2016年調査(同2015年)でも48.7%と趨勢(すうせい)に変化はみられない。

とありますが、私の中途採用の同期や前後の年次を見ると、大手企業でも取得率20%〜30%などもザラであり、日本の平均でも高いなという印象です。

 

ただ、これが大学職員(あくまでも自分基準ですが)に転職すれば、

 

年間休日170日

 

となになる可能性もあるので、そういう点では、

 

大学職員は休みが多い

 

と言えると思います。

その他、夏休みが2週間〜約1ヶ月、年末年始も2週間弱ありますので、休みという点では全く不満はありません。

 

このあたりも、いずれ書かせて頂きます。

 

今日はここまで。

 

 

大学職員のガチな給与明細うpする(2017年3月編)

ぐへへぶっちゃけ給料いくらっすか

みたいなリアルでゲスな話題に行く前に、最近の大学の様子でも。

 

3月は卒業シーズン。

本学でも卒業式が無事に終了したようです。

 

~ようです、という伝聞系なのは、

総合大学だと仕事が細分化されており、卒業式担当部署でなければ、

要員としての出動もなく、特に実感が無いのが実情なんです。

ただ、関わりのあった学生等が最後に遊びに来てくれたりすると、

嬉しいものです。

幸いなことに近年は景況感も良く、大手企業を希望した学生は、

ほぼみんな行きたいところに行ってくれています。

このあたりはそこそこ大手の大学のネームバリューの有り難みを感じます。

 

そんな卒業シーズンはちょうど給与の支給日でもありました。

転職するときって、給与面の不安は大きいですよね。

大学には有価証券報告書もありませんし、

給与面の情報はほぼネットになると思います。

私も給与面では情報が無かったのでいろいろ調べた記憶があります。

 

では、どうぞ。

四捨五入したりしてますが、ほぼ正しい値です。

 

2017年3月

これが30歳おっさん大学職員の給与明細だ!(某記事風)

 

支給額     控除額        
               
本俸 ¥350,000   私学事業団短期 ¥13,350      
住宅手当 ¥20,000   厚生年金保険料 ¥24,500      
超過勤務手当 ¥12,250   退職等年金掛金 ¥2,550      
      雇用保険 ¥1,610      
      所得税 ¥11,800      
      住民税 ¥29,400      
               
合計 ¥382,250   合計 ¥83,210   支給額 ¥299,040

 

3月はこんな感じでした。

私は残業を殆どしない主義なので、残業時間は3時間程度。

平均的な全学残業時間は、約20時間ぐらいなので、

もし平均ぐらい残業すると残業代だけで¥70,000位上乗せされます。

 

ちなみに、私ぐらいの年齢だと残業代単価は¥3,500ぐらいかと。

使えないおっさんとかでも時給¥5,000ぐらいいくので、

早く死●なないかと思ってます。

まあ、そのうち私もソッチ側に行くんでしょうけども・・・

 

今日はここまで